Page: 1/4   >>
ST、OT
小学校に入学して、初めての作業療法、言語療法の日でした。

どちらも今は文字に関することをしているので、学校の国語のドリルと宿題プリントを持って行って見てもらいました。

国語はひらがなですが、アキラは読めないので「細かい運筆練習」として、文字なぞりを頑張っています。
アキラには書く文字数が多いので、本当は見本の実線もなぞらないといけないところ、ちょっと省略して、点線のだけやったり、空白の枠には、私が点線で書いてあげたりしています。
今までに書いたことがない文字(今までは自分の名前メインだった)は、渋ったりしますが、
それでもおだてながら、時にはちょい怒りながらやってます。

もちろん、その後にはご褒美のハグハグも忘れずに☆
これがすごく嬉しそうです

難しいひらがな練習の後は、簡単な楽勝運筆を何枚かやらせてあげます。
そうすると「オレ、できるやん」と自信が戻るようで、めっちゃ楽しそうに「もっと」と言います。
やっぱりひらがなは難しくて自信がなくなるんやなと、ちょっと同情。
でも頑張った分、鉛筆コントロールも上手くなってきました。

学校指定は2Bですが、我が家はお友達にもらった6Bの三角鉛筆を使っています。
筆圧のないアキラには、これでもまだ足りないぐらい(笑)
OTでは、その筆圧をアップする練習をしてきました。
(主に、ちょっと手首を固定してあげるだけなんですけどね)

あと、手首の力加減を調整するのに「お盆」がいいと教えてもらいました☆
うちでも、アキラがお手伝いしたがるので「お茶碗運び」をさせています(汁物除く)。
それが意外といいらしく。
ちょっとバランス悪く、前に重心が寄るようにするといいらしいです。
そうすると手首に力を入れないと、お盆が斜めになります。それを調節して練習するそうです。
これはアキラも喜んでやりそうなので、どんどん取り入れます♪

そして言語療法は「文字数すごろく」「カルタ」をしました。
文字数すごろくは、イラストカードを引いて、その単語の文字数だけコマを進めるというもの。
これは文字と音数の対比を一致させるのにいいそうです。
アキラも数ヶ月前は全然ルールがわかってませんでしたが、今回で三回目になり、単語数も増え、単語の音分離も良くなってきて、けっこうできるようになっていました。
小学校で言葉が伸びたのかなぁ。

「カルタ」は「あ、い、う、え、お」だけ使ったカルタです。
アキラは全然人の話を聞かないって癖があるので、これで聞く練習をします。
これも数回やったので、ルールもわかってきて、聞く体勢もできてきました。
今日は追加で「カ行」もやりました。
初めてのことは苦手なヤツですが、ちゃんと聞いて正解してたので、これもまた成長したなぁと感じました。


そんな感じで、月一の療育は割と満足感ありで終わりました。

ちなみに、アキラが今一押しのひらがなは「わ」です(笑)
なんでですかね。何か学校でいいことがあったんでしょうか?

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| ☆療育日記 | comments(5) | pookmark |
今月のST、OT
STってのはスピーチセラピーで、OTってのは…Occupational Therapy(オキュペィショナルか?)です。OTはどうも覚えにくい…。

だいたいOTが手先の訓練、STが言葉の訓練って言います。
アキラは今、月に一回行ってます。

保育所の子供たち、まぁだいたいはへんてこりんながらも平仮名が書ける子がほとんど。
書けなくても特に問題はありませんけどね。
アキラの場合は、書く前の段階「筆圧をうまく鉛筆にかける」とか「手首を固定して書く」ことができていないので、ひょろひょろした薄い線と、よろよろ酔っぱらったラインになります。

ちょっと手首を指一本でかすかに固定するだけで、だいぶ改善するんですが、このヘルプが要るんですな。
私がずーっと横で押さえてるわけにもいかんので、手首にウエイトでもつけたろかとか思いますが、アキラの手首が鍛えられてアームレスリング大会で優勝したらイヤなので、断念してしばらくお手伝いしようと思います。
彼は割と学習能力高いので、そのうちやってくれそうですし(期待)。

あ、そうそう。
先月までちゃんと持てなかった鉛筆、Qリングの成果か、リングなしでもちゃんと持てるようになっててビックリしました。
これも教えてないので、勝手に練習したと思われます(やるなー、すごいなー、我が子。笑)

波々の形を書く練習をしたり、迷路したりして、楽しく過ごしました。
迷路も前は「壁」を無視して突き破って最短距離を行っていたのに、いつのまにか「壁」を理解してた。ちゃんと知らんうちに子どもは育つんやなぁ…。


言葉の練習は、濁音、半濁音、そして唇を閉じてから発音する「まみむめも」の練習でした。
先生がノートに「キレイに発音できたら花丸」ってつけてくれたけど、そういう「成果」ものにあまり興味がないアキラは、あんまりテンション上がらず…(苦笑)

彼は主に自己完結型です。
これできそう!って課題ができると、一人で「やったー♪」と喜んで、たまに私が乗って「イエーイ」とハイタッチしてやると、それだけで満足です。
モノもシールもお菓子もオモチャもいらんのです。
なんて正しい達成感。

ですので、花丸作戦はしょぼーんと過ごし「おしまい」連呼。面白いヤツです。

というわけで、これからは家族にアキラに対しては「ば、び、ぶ、べ、ぼ」等を強調して喋るように、とお達しを出しました。

「ほら、アキラ、スやで〜」

ちょっと唾が飛びそうやけど、アキラの発音改善のため、頑張るで〜!

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| ☆療育日記 | comments(4) | pookmark |
作業療法(小学校に向けて)
月に一度の作業療法。
今は、書く練習をしています。

アキラは何か療育先で初めてやらせると「ひょい」とできたりするお坊ちゃんなので、
「練習してますか?」ってよく言われます。

もちろん、答えは「いいえ」です。
罪悪感、感じるぐらい何もしてません。スミマセン、先生。
私は幼少期から音楽教室に通っていながら、家で練習はしないという典型的な無駄な例でした。
それが今ここにも出ちゃいました。

この前も「書き方カード」を使って、指での文字なぞりをしたら、めちゃスムーズにできたので
「練習してますか?」

「…いいえ」

今回は、同じく書き方カードでペンでのなぞりをやったら、書き順が合っていた(偶然ちゃうんかby親)ので、
「練習してますか?」

「…いいえ」

えーっとですね、きっと私が悪いんです。今、きっとアキラは文字に興味があるのです。
お絵描きでも、脇に何やらごにょごにょと点々を書いています。
それって、児童絵画論的に言うと(嘘です。どっかで聞いた噂です)文字のつもりらしいです。

このチャンスを見逃すな!です。
チャンスの神様は前髪しかないんです。
つかんどかないと!

で、急いで公文のひらがなドリルを買って、一枚だけやらせてみました。
親も子も、そこで満足。満腹。もういいや(笑)
いや、頑張って私もつきあいます。


小学校入学に向けて、いくつか「これやっとけば」的なことも聞きました。

・衣服の着脱(うちは私服なので、これはオッケー)
・トイレでのスリッパ
 (スリッパに慣れてない子もいるらしい。保育所で慣れてるからこれもオッケー)
・靴を立って脱ぎ履きする。(アキラは横着モンなので、これもできてる)
・椅子にしっかり座る。(…できへんな)

やっぱりアキラみたいな子は、椅子に座って足がしっかり床に付かないと集中できないそうです。
小学校の先生は「他にも足がつかない子はいますよ、大丈夫」と言うかもしれませんが、
そこは譲らずに足台を使ってください、と療法士さんに言われました。

そうだったのか〜。保育所でも、ぶらんぶらんさせてるわ。

まだ小学校とは一回も面接も何もないんですが、大丈夫ですかね、うちの学区。
一応、7月に電話で連絡してるんですけどね。
ちゃんとコミュニケーション作れるやろかと不安も持ちつつ、来月は「就学前健診」です。
アキラ、連れて行って驚かれたらどうしよ。連絡しましたけど!って威張ろうかな(笑)

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| ☆療育日記 | comments(6) | pookmark |
作業療法
先週失念したので、作業療法、リベンジ。

運筆練習しています。

Qリング買いました。って言ったら、Qリングの開発協力した先生と、うちの作業療法の先生がお知り合いだったそうで。
開発途中で作った試作品とかも持ってはりました。

で、Qリングですが、アキラは親指を穴に入れると、親指がそれに頼ってしまい、鉛筆から浮いてくるんです…って相談したら、こんな使い方もありますよ、と。

↑スーパーボールを突っ込んで、握り部分にする。↑それを包み込むように握って書く。

おお。コレの方が、アキラには向いております。
試作品でこういうのもあったらしく。

なるほどなるほど。

それと、画用紙もやっぱり体を中心にして使いやすいところがあるらしく。
こんへんはちゃんと書ける(右利きの場合)
左上とか、左下は筆圧も低くなって雑になる。
ので、左は雑でも、まぁまぁ甘く見てあげて、右下は丁寧にやらせてあげて褒めてあげる!って作戦がいいみたい。

このところ、線引きも鉛筆も嫌がらなくなってきたので、楽しく練習していきたいな〜。

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| ☆療育日記 | comments(4) | pookmark |
言語セラピー
月一の言語療法。
このまえ、作業療法忘れたので、言語はプレッシャーかかり、きっちり行けました。

5才4ヶ月のアキラさん、やっと人の話を聞くということを学び始めた模様。

前はカード出されても、先生の要求するものではなく好きなカードを取ってしまうということから抜け出せませんでした。

やっと「トマトと、バナナ取って」みたいなことができるように。
二つ、覚えられるやーん。と小さい感激。

あとは「文字数すごろく」。
目を瞑ってカードを引いて、その言葉の文字数だけ、駒を進ませるというもの。
長い単語は、長く進める。短い単語はちょっとだけ進むという、音韻感覚(って言うのか知りませんが、勝手にそう思ってる)を養ってんのかなー的な。

でもまだ「矢印」の意味がわからないようです。
どっちに進めたらいいのかわからないので、後ろに行ってみたり、好きな場所へ飛んだり。
矢印わかると、いろいろピクトもわかるので、これは迷子名人には知っていただかないといけません。

先日は一つ学年下のダウン症候群のお友達が、ひらがな読めるしちょっと書けるっていうのに、衝撃を受けた私(笑)
ええーーーーーっと、早速アキラに「あ、き、ら」と紙に書いて、なぞっていただきました。
1回で親子共に飽きた(笑)ので、それっきりでいると、昨日、ヒトミさんが「学校で使っていた、ひらがなカードをアキラにあげる」と持って帰ってくれました。
姉さんの方が、協力的です。

今月の目標は、アキラさんに「矢印」を知ってもらうこと。
それから「あ、き、ら」という文字に親しんでもらうこと☆
大好きなトミカに、3文字を貼りまくってやろうかな。それが一番目に焼きつくに違いない。
みかんにみかんみたいに、「く、る、ま」って貼った方がええんかな〜?
どっちもやってみよ。


(※参考のために…
  アキラくんは、まだ文字の「やる気スイッチ」入ってないのでこんなんですが
  ダウン症候群の他のお子さんは、もっとできる子もいっぱいいるので、
  ダウン症の子は5才でもこんなもん、というステレオタイプには見ないでね!
  今のアキラくんのいいところ!は、「みんなにあいさつできる」です☆
  道行く人、みーんなにあいさつします。南イタリア人みたいです(ラブリー))

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| ☆療育日記 | comments(4) | pookmark |
作業療法、言語療法
5月の療育(月1)が終わりました。

言語療法(いわゆるSTってやつ)と作業療法(OTっての)を月に一時間受けています。

言葉と文字の関連づけ、みたいなのが最近のテーマになりつつあります。
だんだん、なんとなーく復唱が稀にきれいにできるようになってきたので
一つの音に一つの文字ってのが理解できると、発音もできやすくなるそうで。
ひらがなカードで遊んだりしています。

文字には興味がやっと出て来たようす。
看板や掲示を見て、なんとなく丸っぽいひらがなを見つけると、指差して「あ」と言っています。
今は何でも「あ」だと思っているようです(笑)

名詞は理解始まっているので、今度は動詞だそうです。
サインをつけずに、指示をしてみてくださいと言われました。
するとアッキーが真剣にこっちの話を聞いてくれるので、かわいいです(親ばか)。
でも、サインもまだ使います。

サイン使うと、説得力や強制力があがるんです。=アキラにしっかり伝わる。
というわけで、どうでもいいことは「言葉」で。
公園とかで、もう帰るで!と強制するときはサイン付きで。
あと、遠くから指示するときもサインは便利
(ヒトミにも使う

作業療法でも文字を書くというのをやっていて、
ほとんど、STとOTは共同作業みたいな感じです。
文字は書きませんけどね。線なぞりとか、線つなぎとかやります。

殴り書きでも何でもいいので「書く事」に慣れさせてあげてください。と言われました。
殴り書きでいいなら、我が家は紙も筆記具もふんだんにあるし、
隣で絵を描いてくれる姉さんもいるので環境的にはバッチリ。
せっせと書いてもらおうと思います。

割と集中するときはやる子みたいなので、けっこうやってたかな。
ただ、人の話を聞かないので、途中まで聞いて「わかった、皆まで言うな、俺はできる」的に始めてしまい、結局間違ってるやんというお坊ちゃんなので、そこんところ、どうやって最後まで説明を聞かせるかってのが、今の課題です。

このイラチな性格は、直らんもんでしょうかねぇ?
ヒトミさんに半分分けてあげてほしい(笑)

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| ☆療育日記 | comments(2) | pookmark |
鉛筆を使いだしたアキラ君へ
今日はOT(作業療法)でした。

保育所で線の練習をしていますと言うと、OTでもやってみましょうと。

アキラは書くのは好きなので、ノリノリでやっていましたが、
だんだん制約(このラインをなぞってね)が出てくると、ちょっとブルーに(笑)

最後は紙いっぱいの○を書いて、ストレス発散しました。

で、OTで使ったのが、ステッドラーの極太三角鉛筆と、Qリング
Qリングは鉛筆に差して使う、エジソンの箸の鉛筆バージョンみたいなやつです。
本来は、これを親指にかけて使うんだけど、アキラはグリップが悪いので、リングにスーパーボールをはめて、丸いグリップにして書きました。
すると、指の位置が安定してきて、おやまぁ不思議。小さな円などが書きやすそうです。

あとは手首で書いているので、指で調節できるようになったら、文字を書くのにつながりますねとのこと。

帰宅後、早速検索してみたら、グリップバージョンも販売してる。
こりゃやってみようと、実物も見てないのに(そして割とお高いのに)注文もしちゃった。
高いけど、これでアキラが自由になるなら価値はある。

使用感は、またご報告します♪

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| ☆療育日記 | comments(4) | pookmark |
作業療法
ここのところ、ちゃんと行けてる作業療法。

今日はおはじきとブロックで遊びました。

毎日、何をして遊んでますかと問われたので、
車をひたすら並べています。車に限らず、何でも並べています。
並べ始めて、もう数年。ぼちぼち飽きてほしいもんですと答えたら。

別にいいんだって(また言われた)。
ままごとのときも言われたなぁ。発展性のない奴だぜと思っていたけど、同じ遊びの中で発展してるはずと。
今回も、平面に並べるのの他に、ブロックはひたすら上に積みますと言うと、
それなら少しお手伝いしてあげたら、もっと展開できそうですね♪ と。

で、最初はおはじきで「強く&弱く」指でつまむ練習をしたあと、ブロック遊び。
おうちを作ったり、トンネルつくったりと、先生が誘導したら、あとは自分で勝手に作り足していきました。
お城みたいなものができて、何だか本来のブロック遊びに近づいた感じ。

そっかー、やっぱり一緒にやってやらんといかんのね〜(たまには)。
たぶん、アキラは割と緻密作業も好きなので、レゴの世界にはハマる気配があるんだけどね。

ハマり続けて、大きくなったら、一緒にレゴランド@デンマーク行こうね。
レゴホテルも泊まろうね。(→私が行きたい)

もうすぐお誕生日なんだけど…仮面ライダーにするか、レゴにするか、迷っちゃうな〜(笑)

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| ☆療育日記 | comments(3) | pookmark |
言語療法
染色体が一本多いアキラ4歳11ヶ月、身長91センチ、13キロ。
あと一ヶ月で5歳です。
人間、染色体が一本多いぐらいじゃ、大丈夫なのだよ。なんか生きる勇気が出るでしょ?
(出ない?笑)


月一の言語療法にまたちゃんと行けたよ。パチパチ。

最近は、やっと復唱もうまくなり、たまにきれいな発音もできるようになってきました。
記憶するスピードも、ゆっくりながらも、以前よりは早まり(たぶん)、
彼がなんだかかんだか長文を喋っているときに、突然今までになかった語彙が入ることも出てきました。

でも依然、家族を区別して呼んでくれません。
ちぇんちぇー、ままー、ぱぱー、とーちゃん、ねーちゃん、混在中。
 ↑
こん中に、かーちゃん、お母さんが入ってないのがポイント。

「面倒くさい」という概念も覚え、「お片づけしなさい! じゃないと捨てちゃうよ!」と言うと、面倒くさくなると「ポイ」と自分で言って、「捨てといて(どうせ後で返してくれるやろ)」と言う。

このやろう、ほんまに捨てるぞ。
とか思いつつ、押入にしまってしまう。。。読まれとる。

今回の言語療法では、あくび連発でまったくやる気なし。
母がせっかく珍しく予約を覚えていて連れて行ったっちゅーのに。

それでも今日の新発見は、「ひらがな」の形を認識しつつあるってところかな。
ひらがな積み木の遊びを比較的楽しそうにやってた。
自分の名前の並びは、いくつかある中から選べてるようだし(文字として認識はしてなくても)、形はわかるようになってきたのだな。

彼には、何週間かごとぐらいに「流行語」があり、一時期は「りんご」だったのですが、今は「ひこーき」です。
何を見ても、今は「ひこーき♪」
そうやねーと軽くいなしております(アキラ本人もそれが飛行機でないことはわかっているけど、言いたいから言ってる)。
ちょっと前は「きゅーきゅーしゃ」、「ばす」。乗り物シリーズが続いております。

ほんで、仮面ライダーの変身ポーズも取るようになり、いっちょこまえに男子生活楽しんでいるようです。

週末は保育所の発表会。
白雪姫のこびと役だそうで。(小粒なアキラにはぴったりだが、差別用語やなかったか)
お風呂でなんとなく「おーじさま」と言うてポーズを取るので、ほんまにそんなシーンがあるのかどうか、楽しみにしています。

【後日談】
結局、そんな台詞はみじんも無く、母は大笑いでしたとさ(笑)

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| ☆療育日記 | comments(0) | pookmark |
作業療法(アキラ4歳10ヶ月)
[言い訳]
本当なら月に一回のアキラのセラピーを、よく私は忘れるのです。
カレンダーにも手帳にも書いてるけど、忘れるのです。
携帯のアラートに入れときゃいいんでしょうけど、携帯に入れるのが面倒で忘れるのです。
ネットのスケジューラー使えばいいんでしょうけど、アナログ手書き派なので忘れるのです。

そんでもって、月一回の療育が、二、三ヶ月に一回ぐらいになってるのですが、
先生たちも、よく呆れず予約を取らせてくれるもんだ(わはは)笑ってる場合か。
アキラの療育をおろそかにしてるわけじゃありません。
アキラの成長を心から望んでおるのです。
アキラに心配がないからいけないのです。勝手に成長しそうだから、忘れるのです。
もっと自発的じゃない子だったら、きっと療育にも熱心な母になったはず…
いや、それはどうかな。


で、二ヶ月ぶりの作業療法でした。
「先生、二ヶ月の間に、ボタンが留めて外せるようになりました」とご報告。

そりゃ二ヶ月もありゃ成長もするわな。
先生も「わぁ良かったですね! 見たいな〜」と言われ、自慢げに保育所のガウンを着るアキラ。
首に近い一番上は、やりにくいはずなのに、なんだか一番スムーズにやりとげ、
「すごい!」と言われると、肩をすくめて「照れ」ポーズ。

そして外す方もスムーズに。
またまた自慢げ。そして、褒められて「照れ」ポーズ。

褒められた後は、指の体操で、1〜5まで。
3ができないんですがね。家に帰ってから、自主練してました(←こういうとこが療育を忘れる理由やねん)。

あとは、貯金箱にコイン入れたり、おはじきを色別に分けて瓶に詰め替えたりとを黙々と。
わかってるくせにわざと間違えたりするあたり、最近、知能犯です。
割と何でも、自分ができることより、ちょっとレベル上のことに好奇心ありありなので、療育はいつもスムーズです。

本日も「じゃぁこのまま保育所生活、がんばって」というお言葉をいただき、終わったのでした。

================================================
で、小学校ライフのヒトミさんはといえば、

 8+○-6=4 の○は何でしょう?

的な問題がわからないと泣きわめいており、またまた夕食前の1時間、算数の勉強を親子でしたのでした。
わからん、わからんと泣いていましたが、「先にご飯を食べなさい」と落ち着かせてから、再び算数プリントを自力でやって、正解してたので、たぶんご飯を食べてる間に脳みそが働いたのであろうと思われます。
脳って不思議。

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| ☆療育日記 | comments(0) | pookmark |

Profile

profile photo

Search

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Entry

Comment

Category

Link

Recommend

Recommend

ザガズー―じんせいってびっくりつづき
ザガズー―じんせいってびっくりつづき (JUGEMレビュー »)
クェンティン ブレイク,Quentin Blake,谷川 俊太郎
*我が家の愛読書です。
*子どもってこんなもの。

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode