Page: 1/1   
立ち読み日記
滋賀に行ってきましたが、写真をデジカメからDLしてないので、後で詳しく。

滋賀でアインシュタイン語録を立ち読みしてきたよ。
ぶんぶんさんに勧められて、立ち読み3度目(買えよ)。

語録を読んで、アインシュタインの相対性理論を勉強したくなったなぁ。
きっと理解できないけどさ。

正直になるとか、本当のことを見るとか、そういうことを、簡単にされちゃうと
自分を見透かされてるみたいな気持ちになるねぇ。

その後に噂の血液型の本も立ち読みしたよ。
自分のを見ても面白くないから、旦那の(笑)

他人の人生は面白い。

ところでO型って「熱苦しい」と思われてるの?
本の帯に書いてあったけど、知らなかったな〜。

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| ★お勉強 | comments(8) | pookmark |
引き続き、障害児学について。
では、お正月に読んだ本から、衝撃だったことを、いくつか。

私は今、北欧に行きたくてたまりません。
なんて素晴らしいんだ〜。(もちろん、全てが良いとは言えないにしても)
アキラ、スウェーデン人に生んであげられなくてゴメンって感じ(笑)
でも、後々の日本の「障害児」と呼ばれ、隔離される子たちのためにも、日本をよりよくしたいですね☆(野望だ〜)

先日(1個前)の日記は、ここから生まれた日記です。
「低レベルの期待」ってのはね、「日本での常識」の中での「障害者の幸せ」は、スウェーデンでは「信じられないぐらい低レベル」ってことなの。コレじゃダメだと思ったのね。

「比較障害児学のすすめ〜日本とスウェーデンとの距離」小笠毅 著 より

スウェーデンには、義務教育を23才まで延長できる制度があります!
これは目から鱗でした。
そうだよ!ゆっくり勉強すれば、すこしずつでも理解できるんだから、なぜ6+3年で終わらなきゃいけないの?
もっとゆっくり勉強してもいいじゃないか、というお話。

スウェーデンには、養護学校も盲学校もなく、聾学校さえ廃止方向に進んでいます。
もちろん、その子に応じた教育ってのはあるけども、まず「地域で暮らす」という長いスパンで見たとき、小学校から近所の子と一緒に、同じ学校に通う必要がある、というのが理由です。
もちろん、障害のある子には、ちゃんとサポートの先生がつきます。
もちろん、学校にエレベーターも完備です。主に平屋だそうですけど(これは土地の問題もあるなぁ…笑)
当然ながら、小学校に入る前の「就学時健診」という知能テストもありません。

これは有名ですが、生涯学べる。
これは障害とは関係なく、一生、誰でもいつでも学べて、しかも無料!
鉛筆、消しゴムまで支給!(やりすぎ?)
ということは、障害のある人でも、学びたいことがあれば大学に行けます。
偏差値とか進学率とか、関係ない世界ですね〜。

スウェーデンでは、障害者でも税金を納めています。
つまり、それだけ収入もある。そして、納税してるということで、社会に貢献しているという一個人としての尊厳があります。
税といえば、スウェーデンは食品など以外のものには、25%の税金がかかります。
高〜い! でも食品にはかからないのね。

日本では、作業所などで働いた場合、一日数百円〜という場合さえありますが、スウェーデンでは、普通の人と同じ種類の仕事をした場合、同じお給料がもらえます。
日本で当てはめて考えると、作業所のパン屋さんで店番をしたら、ちゃんと時給800円ぐらいもらえるってことです。(最低賃金でも600円ぐらいはもらえるよね?)

障害者の雇用のための国営企業があり、3万人雇用しています。うち9割が障害者、1割がスタッフです。売り上げもちゃんと上げていて、その企業から、毎年数%ではありますが、民間企業に転職しています。
転職しようと思ったら、コンピュータの知識などを得ないといけません。
そういう職業教育も同時に長いスパンでやってくれます。

他にもいろいろあるのですが、細かい説明が必要になってくるので、興味が出たら、一読ください。

対して、日本はと言うと、養護学校に入って「企業実習」という名の下に、就職活動で無償労働しなければ「就職先がなくなる」と脅されることもあるとか。これは学校の問題じゃなくて、社会全体の問題だと思いますが…。

そりゃ、一朝一夕には変わらないとしても、実際にスウェーデンで実現しているんだから、希望は持ってもいいんじゃない?
普通学級に入って、養護学校に進んで、運良く一般企業の「障害者枠」に入って満足じゃなくて。
地域で学んで、勉強をもっとしたいと思ったら、もっと勉強できて、その人が希望する仕事ができて、それに見合った額を稼いで、納税もできる。
今まで、納税が喜びなんて、思いもしなかったけど…(笑)
それが確かに「普通」なんだと思いました。

ちなみに、「その人の希望」ですが。
知的障害のある人も、「妥協」できます。当たり前?
これは別の本「障碍児のこころ」より。

障害のある人のための、心理カウンセリングされている方の、実例のたくさん出てくる本です。
これを読むと、かなりいい親になれそうですよ〜(読後感を忘れなければね…笑)
この本については、また明日。(連続モノ?)

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| ★お勉強 | comments(17) | pookmark |
時々やってくる、勉強熱
主婦になったら、ゆっくり家事を楽しんで、家もきれいにして、お料理もいろいろ開拓して…
なんて、思っていた頃もありました。

無理でした(笑)

育児が忙しいとかじゃなくて。
仕事してる時ぐらいの、家事しかできないの。
それが、きっと、私の家事力の100%なの。

で、仕事してない時間が増えたわけで、「パーティ熱」とか、「模様替え熱」とか「勉強熱」が発症するのです。

キッズクリスマスパーティまでは、子供たちにあげる、マフラーに名前を刺繍してあげたりして、忙しかったのですが、終わったので、熱が移動しました。
お友達の年賀状を作ったりして、そういうアルバイトもしたりしてるのですが、忙しくなると、忙しくなるほど、他にも手を出したくなるんですね〜。

今は、「障害児教育」のお勉強中です。
といっても、とっても我流。
図書館で、それに関する本を読みあさっているだけです。

「食育」にも興味があるし、本業の「デザイン」も勉強しなくちゃいけない!

でも、いつか、「デザイン」と「育児経験」と、アキラという希少価値のある存在を、私の武器にできるようになりたいな〜。

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| ★お勉強 | comments(9) | pookmark |
クリスマス会〜Mon2 Ange〜


ベビーマッサージをしているふーさんのMon2 Angeのクリスマスパーティに行ってきました。

エステ、食育、アロマと、3種類のミニ講座もついて、ランチもお土産もあって盛りだくさん。
楽しい時間を過ごしました。

どの講座も面白く、ためになったのですが、何よりも、こういう機会が素晴らしいのは、日常を張りのあるものにしてくれる、ってことです。

「食事(料理)」なんて、毎日毎日、献立たてるのが苦痛…考えたくもない、って日もたまにあるわけで。
でも子供もいるし、あまりに弁当買うのも自己嫌悪…。

そういうときに、こんな講座を、たとえ10分でも聞くと、「やる気」が出ます。
苦痛になった義務を、モチベーションアップしてくれるのが、こういったイベントだなぁと思いました。

エステも改めて自己チェックすると、肌年齢にドキドキしちゃうし。
アロマも余ってるエッセンシャルオイルをどう使おうかと、いろいろ夢想するし。
とても楽しいイベントでした。

今日はおかげで、ちょっと食材を買いすぎたかも…(苦笑)

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| ★お勉強 | comments(5) | pookmark |

Profile

profile photo

Search

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Entry

Comment

Category

Link

Recommend

Recommend

ザガズー―じんせいってびっくりつづき
ザガズー―じんせいってびっくりつづき (JUGEMレビュー »)
クェンティン ブレイク,Quentin Blake,谷川 俊太郎
*我が家の愛読書です。
*子どもってこんなもの。

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode