Page: 1/8   >>
12歳の一言

障害者見て感動したいんやったら、パラリンピック見たらいいのに。

 

って。

まぁ、いろいろありますが。

来月から始まりますね〜。

プール大好き、アッキー10歳はスペシャルオリンピックに向けて、バタ足を頑張って3年目(笑)

明日もプールに行くらしいっす。最近、週二ペース。

 

ちなみに、5月にプーケット行って、8月に白石島に行きました。

秋に出雲に行けたら行きます。

来年夏はハワイの予定だそうです(飛行機取れたら)。

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

|  ヒトミさん | comments(0) | pookmark |
姫のしごと
春から中学生になるにあたり、姫もいろいろ考えることもあるようで。
今の一番の懸念は「中学入学祝いに何を買ってもらうか」です。

前は「居合刀(加州清光)」だったんですが、最近は「居合刀(小龍景虎)」もいいなーとなってます。
(↑大丈夫です。私にも何が何だかわかりません)

が、先日、刃物の師匠(成人男性)に神戸でナイフショーがあると教えてもらって行ってみて、
そこにあった数々のクラフトナイフに目がキラリンコ。
クラフトナイフ(と、革の鞘)もいいなーと。

あとは「iPod」も候補中。
スマホはいらんらしい。

そんな姫、卒業式の練習がとても退屈らしく、卒業式の席順表を使って、
「学年マウンティング一覧表」を宿題もやらずに作っております。
自分は蚊帳の外なので、楽しいらしく、「お母さん、完成まで見たらあかんで」とウキウキ。
「女子は簡単やけど、男子が難しい」とか「この辺は階層があやふやで難しい」とかつぶやきながら。

深夜までかかってやってますが、それより宿題やってくれ。
と思う母でした。

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

|  ヒトミさん | comments(3) | pookmark |
姫語録

(弟をおんぶもしてくれる優しい姉)

姫が12歳になりました。パチパチ。

では誰にも求められていませんが、ここで彼女の12年間をざっくり振り返ってみましょう。

0歳〜2歳(無意識時代)…無条件にかわゆい幼児でした。
2歳〜6歳(ピンクの時代)…少女っぽさ全開のフリフリキラキラ好きのプリキュア時代でした。
7歳〜10歳(青の時代)…少女っぽさ全壊。日を追うごとに少年っぽく。
11歳〜現在(暗黒の時代)…暗殺と闇に魅了され、中二っぽくなってきました。

我ながら、なんでこんな子どもになったかなー?
もしタイムマシンで12年前に戻っても、同じ子育てができる自信がありません。

そんな姫の最近の発言が、なんかアレ過ぎて、母も母の周りの大人たちもたじたじ(笑)

遠足のおやつ150円を渡したとき、「いらん」と言うから「なんで?」と聞いたら
「ほしいものがない」
確かに、元々甘いものが好きじゃないのを知っていたので、だったらいつもの「酢昆布」とか「おやつ梅干し」でいいやんと言ったら、
「別に、そういうのも特に好きじゃない」
ええーー!
「今までは(つきあいで)しょうがなく買ってただけ」
とか言う。
はぁ、そうでしたか。ごめん、気を使わして。と母、引き下がりました。(当時11歳)


最近、その話をしたら、私の友だち(大人の女性)が
「遠足で、みんなで交換とかしたりせぇへんの? そういう楽しさも…」
「え、何がおもろいの?」と姫。「遠足なんか、教室と同じメンバーでしゃべってるだけやん。環境が違うだけやろ?喋ってること一緒やん」
大人たち「…はい、そうです」

「そもそも、友だちなんかいっぱいいらんやん。何か困ったときに聞ける一人おったらええねん。その子が知らんかった場合に備えて、もう一人ぐらいおってもいいかな。むしろ用事やったら他人にも聞けるしな」

あ、ありがたいお言葉…。

あまりに孤独を愛する性格のため、学校でうまくやっているのかと不安になった私が聞いたら
「私を嫌ってる子はおると思うで。でも別に何とも思わん。向こうが嫌ってるのに、こっちが好きになれるわけないしな。他の子と付き合ったらええだけやし」

男前!
付いて行きます!

とまぁ、そんな感じの冷凍庫並みにクールなお嬢さんですが、小さなお子さんたちは大好き。
ダウン症のちびっ子たちの会に行くと、ちびっ子とワイワイ遊んでくれて、その子たちのお母さんたちに毎度「めっちゃ遊んでくれてありがとう!!」と感謝されまくってます。

人間的に間違ってなさそうなので、このままスクスク育ってくれたら幸いでございます。

あ、ちなみに12歳の誕生日お祝いには「短刀」を求められたので、武道具店に一緒に買いに行ってきました。
これは私もやってる合気柔術の練習用短刀で、ゴム製です。
でも生で持ってると逮捕されそうなリアル外見をしているので、姫には重々言い聞かせ、取り扱い注意をしましたとさ。

…そりゃ、普通の小学生女子とはうまくやっていけんよな(笑)

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

|  ヒトミさん | comments(5) | pookmark |
神戸デートwith姫
神戸ハーバーランドです。
上の子が母独り占めのデートだよん。



南京町で豚まん食べながら帰る。
結局うろうろするだけで、何をするでもなく…(笑)


▲私のお気に入りスポットinハーバーランド
たまに潜水艦がドック入りしているのが見えるよ。そして働いている人たちが楽しい。

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

|  ヒトミさん | comments(2) | pookmark |
ボルダリング
(結構前ですが…)
ボルダリングに挑戦してきました。

初めてということで初心者向け体験会です。

いきなりの「トップロープ」というので、ロープで釣られて4.5Mの壁を登るのをしました。
まず最初は…とヒトミがやったんですが、これが体も軽くてひょいひょいと行っちゃう。
え、無理〜とか言っていたのはどこへ。。。

続く大人が途中で断念なんてできません。
大人の意地でがんばりました。

続いてロープを使わないボルダリングへ。
これも一番優しいコースをやったのに、意外と頭も体も使っちゃう。
その後は自由にいろんな壁を登りましたが、ヒトミさんは持ち前の「自分で決めた目標は曲げない」ってやつを発揮しまして、ちょっと反ってる壁のコースも達成していました。
母は途中で体力限界で見学しておりました(笑)


でも楽しかったので、また行きたいと思います☆

あ、携帯電話、新しくなりました。番号そのまま。メールもそのまま。皆様よろしくお願いします。

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

|  ヒトミさん | comments(4) | pookmark |
普通になりたい娘11歳
うちの姫、事あるごとに「普通の人」に憧れる。
将来の夢を聞いたら「そうやな〜普通の大人になって、普通の仕事がええなぁ」と言う姫。
えっ!ショック!と口には出さないけど思ってた母。
子どもの夢、否定したらいかんからね。
普通かぁ、普通も大変やで、と普通の(ってたぶん事務系のことやんね?)会社員したことない母は、勘で答えてた(笑)

しかし、今年の夏頃の作文で彼女が発表した将来就きたい仕事は「時計職人」
冬になり、今一番就いてみたい仕事は「刀の研ぎ師」

研ぎ師って。
普通はどこに…?

そんなこと言うから、昨日、本屋さんで「日本の刀」ってムックを買ってプレゼントしたら喜んでた。
早速、ノートに刀をデッサンしてましたよ。

そんで、クリスマスには「忍者装束」希望されています。

京都に鳥獣戯画見に行ったら、ずるーい!と怒られるしね。
お詫びに鳥獣戯画が書いてあるグラスを買ってあげたんですよ。喜んでもらえました♪


       ↑この図録と豆本も喜んでくれた☆

たぶん「普通の人」はムリっす。
でも未だ、彼女は諦めていません。普通に、地味に、目立たず生きていきたいそうです。

将来、どう転がっていくのか楽しみなので、このまま放置!(笑)

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

|  ヒトミさん | comments(9) | pookmark |
北斎展

スノードーム制作のワークショップを体験しました。↑ヒトミ作品。
やっぱりというか、当然というか、けっこう高かった(笑)

神戸市立博物館でやっている「葛飾北斎展」に行ってきました。
これは私が行きたかったんじゃなく(行っても良かったけど)、ヒトミさんが「行きたい!」と熱望したもの。
なかなか希有な小学五年生です。

北斎の富嶽三十六計の神奈川沖のやつに彼女はメロメロです。
私は播磨で育ったため赤富士が好きですが(意味わからんよね。兵庫県を中心に「あかふじまい」ってお米があるのよ。サブリミナル的に赤富士が脳に刻み込まれてるという…どうでもいい)。

というわけで、北斎展。けっこう楽しかったです。
北斎さんはいろんなものに挑戦する人でもあったらしく、今で言うペーパークラフトもやってたみたいです。
しかし浮き世絵の作り方を見ると、下絵を描いた人も偉いけど、判に彫る人もハンパなく技術がいります。
もちろん刷る人も。

あと引っ越しネタは書かないとな。生涯で93回引っ越したそうです。
引っ越しってけっこうエネルギーいるから、きっと元気な人だったんでしょうとも。

ミュージアムショップではヒトミ嬢、富嶽を描いた扇子(3000円弱)に目を輝かせていましたが、母に断念させられました。
未だに我が子の欲しがるもののポイントがわかるようで、わかるっちゃーわかるんですが、同意はできん母です。
いや、わかるのよ。わかるけど、わかるけど…。ゴメン、それは今やめとこ、みたいな。


お昼は三ノ宮のおいしいベトナム料理「タンカフェ」で舌鼓を打ち、相変わらず愛想のいい店長と、普段は厨房で大人しいベトナミーズのお兄ちゃんにまでもヒトミは声をかけられてました。
ベトナムの方は、子どもが好きなんですな、きっと。
あと、タンカフェ、若い男女が多いので子連れは珍しいんだな。

フォー食べました。ハンバーグより、フォーという10歳です。

彼女的にはとっても充実した休日だったようで、目をキラキラさせながら「北斎新聞を作る」と息巻いています。
たぶん完成はしませんが(笑)、そういう気持ちだけは汲んで「がんばってな」と見守る私でありました。

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

|  ヒトミさん | comments(2) | pookmark |
とったどー
我が娘、合気柔術というのを習っていまして、その子ども大会がありました。

子どもが習い事をする以上、「発表」とか「試験」とかいう試練があってしかるべき!と考える我が家は、この子ども大会に常々出してやりたいと思ってました。
でも教室の雰囲気はカルチャーセンターなので、そんなんは別に…という空気。
というわけで、私はちょっくら偉い先生に直でお願いしちゃって、ぐいっと出させてもらいました。
まぁここは指導助手やってる役得というか、何というか(笑)

本人は迷ってました。
教室で一人だけってもの不安だし…でも入賞したらメダルもらえるらしいし(←もらうつもり満々)。
以前からオリンピックを見ては、メダルに目をキラキラさせていた姫。
特に「銀メダル」がほしい!と色指定。

というわけでドキドキしながらも出場を決意。

場所は住吉大社の奥にある武道場。

毎回書いてますが、毎回通るので…重要文化財の石舞台。


切り株にこんなものもありまして。小人さんのお宮? 謎…

で、団体戦の後は個人戦です。
うちが習っている合気柔術は試合がありません。演武という型で勝敗がつきます。
技がちゃんと理解できているかどうか、体がきびきび動いているか、気合いが入っているかどうか…みたいなチェックですね。

姫は黄色帯の部。

こんな感じで演武します。

で、柔道みたいに3人の審判が赤旗か、白旗をあげて、多数決で決まります。

うちの姫はあんまり覇気がないもんで、初戦敗退やろうと思ってたんですが(ひどい母。笑)
とにかく丁寧なんが良かったらしく、あれよあれよと決勝へ。

決勝では相手の子どもが元気いっぱいで切れも良くて、こりゃ負けやわ〜と。
でも初出場で銀メダル。本人は目一杯がんばったそうです。


人生初の「本物のメダル!」と喜んでいます。

おめでとー☆

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

|  ヒトミさん | comments(4) | pookmark |
ヒトミさん10歳(サプライズ編)
今日なー学校で「今日誕生日やねん」って友達に教えてん。
そしたら「もっと前から言うてよー」って言われた(笑)

と話していたヒトミさん。

誕生日だからといって何をするでもない我が家は晩ご飯を作っておりました。
(ヒトミさん、だってケーキいらん、ごちそういらんという女子なの。
 みそ汁とか好きなんだもの)

七時前にピンポーンと玄関に来客。
注文してたブックオフが届いたかと思って、手が離せない私が「ヒトミちゃん、出て〜」と頼むと、
玄関で小学生男子の声が。

おや、宅配便ちゃうんかと見に行くと、
「はい、今日誕生日やろ」
と洋菓子屋さんの紙袋を少年がぶっきらぼうに突き出していました。

そしてヒトミちゃんが驚きながら受け取ると、パパーッと走って行ってしまう彼。

ああー、お名前だけでも…(いや、私も知ってる子)
(一年生の時に、ヒトミちゃんに求婚してた)

そんな雰囲気で、サプライズプレゼントが届きました。
ここらじゃちょっと有名店のクッキーセット。小学生のお小遣いじゃ買えんよ。
それにお店は自転車で行ける距離にもない。
ちゃんとハートのモチーフもついてたし、品のいいリボンもしっかりかかってた。

彼は一体どうやってこれを用意したんだろうと母の妄想は止まりません。
ていうか、小学生のときにこんなこと経験したことないよ!
最近の小学生って、行動力も経済力もハンパないね。

こういうときは、お礼はお手紙が一番いいよと
その日のうちに書かせ、翌日にこっそり(ここが秘め事のわくわく)渡させました。
彼は他の男子に見つからないよう、逃げ回っていたらしいから、嬉し恥ずかしも堪能したであろう。

しめしめ、小悪魔ちゃんに着々と近づいておるね。

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

|  ヒトミさん | comments(7) | pookmark |
最近のヒトミさん
元気です。
側転娘です。
体操教室の影響で、開けたところでは必ず側転する子になりました。

姫を撮影すると、こんな感じ。

アキラのお肌は柔そうでしたが、姫はパツパツしてますな、やはり。

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

|  ヒトミさん | comments(7) | pookmark |

Profile

profile photo

Search

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Entry

Comment

Category

Link

Recommend

Recommend

ザガズー―じんせいってびっくりつづき
ザガズー―じんせいってびっくりつづき (JUGEMレビュー »)
クェンティン ブレイク,Quentin Blake,谷川 俊太郎
*我が家の愛読書です。
*子どもってこんなもの。

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode