Page: 1/1   
西日本古武道大会(報告)
行ってきました。僭越ながら出てきました。

うちらは、柔術なんで残念ながら派手な格好しませんが、
着物とか鎧の人はステキ。
なぎなた女子なんか、かわいかったなー。

アメリカからの留学生?の団体さんが一瞬だけ見学に来ていました。
でも居合のバッサバッサと切るやつをやった後に来て、鎧や着物、弓の前に帰っちゃったから、もったいないなーと思う。。。

全然知らない方々なので、怒られないように写真は小さく掲載しときます。
でも日本文化の一端て感じはするよ。
居合


甲冑

着物女子は撮影できなかった〜(悔)

今回は飛ばしものは弓しかありませんでしたが、別の大会や別の機会では、鉄砲とか火縄銃とかも見れることがあります。大砲も。

何のために自分らがこれをやってるのかと問われると答えられません(笑)
来賓の偉い方は、日本古来の文化を…と仰ってましたが、そこまで末端の人間は考えてへんしなぁ。
最初はやっぱり「かっこえー」からでしょう。

甲冑、着脱大変そうでしたが、一回着てみたい。弓も引いてみたいなー。

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| 合気柔術 | comments(0) | pookmark |
西日本古武道大会

西日本古武道大会というのがありまして。
円心流という流派の方々の大会に、他の流派も参加するというような形になってるらしいです。(下っ端なので詳しいことはよくわかりません)

うちの合気柔術の先生から数ヶ月前「出場名簿に名前、載せといたから!」という勝手な事後報告。
なんか、出ることになってるみたいです。
他の人はともかく、たぶん私の役目は先生の演武を盛り上げるための、前説芸人的な(笑)

さっき、詳細調べようと思って検索かけたら、
マニア否すばらしい先輩方の見学ブログなど多数。
ひえーーそんな厳しい目で見んといて!な世界。

噂では、ビデオ撮影されて販売もあるらしいよ。
(いやもちろん、私なんかカット間違いなしですけど)

はぁ。私はお気楽な精進を目指しているのに…
でもポスターは、意外と可愛い。鳥獣戯画に通じる世界が。
鬼ですかね。角あるしね。

こんな感じの楽しい目で見てくれんかね。よろしくです。

****************************************
■ 第19回 西日本古武道大会 



日 時

 平成25年7月15日(月) 午前11時開会〜午後3時閉会(予定)



場 所

 阿倍野スポーツセンター(5階 第1体育場)

 ●地下鉄谷町線「阿倍野」駅下車すぐ

 ●JR「天王寺」駅南へ5分(あべのベルタ西隣)



入場料 
無料



主催
 円心流居合据物剣法
(問合せ 06-6623-6309)



===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| 合気柔術 | comments(4) | pookmark |
助手ライフ
合気柔術(古武道)教室の助手をやってます。
子どもクラスは、ボランティアで。
大人クラスは、有償で。

子どもは2年近くやってみて、教えるっていうか、しつけるって感じがしますねぇ。
2週間に1回なので、子どもさんにしてみても、たまの気分転換的な感じですね。
これを上達して先生になるぜ!とか、オリンピック行くぜ!という覇気はありません。
オリンピック競技ちゃうしね。
試合さえないしね。覇気も沸かんわな。ごめん。

怪我せんといてや〜、けっこう危ないこともしてるねんで〜という世界です。
しかし大人と違って、子どもは覚えるのが早いっす。
パパッと覚えちゃって、細かいことは面倒臭くなっちゃうので、すぐ飽きちゃいます。
できるか、できへんか微妙…ぐらいのとこが、一番食いつきますな。
そんな感じで、お子様に翻弄されつつ、今年も子ども教室助手頑張ります。

大人はラクチンです。
飽きたりしないし、上手になりたいって欲求も感じるし。
お子様より素直だし、抵抗しないし、いじめないし(笑)
しかも「わかりやすいです」とお褒めいただいたら、私も調子のってしまいます。
ほんまに先生、目指そかなとか一瞬思います(でも目指しません。政治が苦手だから)。

私はかなり誰にでもフランクすぎて、傍から見たら「何、あの人」的な、大先生にもため口利き過ぎみたいなとこがあるのは自他ともに認めるところですが、その私を、少々やってる期間が長いというだけで、人生の先輩方に敬語使われるのは、とっても違和感ありーの、でもそれをわざわざ断るのも失礼かと、強いて気づかないふりしてるんですけど。

最近は、大人の方に教えるときに、
「古武道なので、本来、攻めて来る方は、刀持ってくるんです。最後は首切るんです」
とか、言い過ぎな気がします。
自分が武士好きだからって、武道をかじった人がみんな武士になりきりでやってるんとちゃうしな。
あんまり、初心者の方には言わないようにしていますが…言うと「なるほど!」って納得されるので、意外と大人も過激なん好きちゃうのんとか思ったり。

結局、命取れるのが最強ですから。
(でもやらないよ。峰打ちだよ)

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| 合気柔術 | comments(2) | pookmark |
鹿児島旅行(1)
飛行機はプロペラ機。飛行場を歩く機会に恵まれました。

鹿児島に行ってきました。(麻呂とアキラは留守番)
古武道大会という、古い武道(そのまんま)の発表会みたいなもんです。

私がやっている合気柔術や、空手、居合、剣術(棒術)、薙刀、ちらっと忍術みたいなもんもアリという、なかなかマニアには興味深い演武会です。

ヒトミさんは、けっこう立派な会場を見た途端に、ちょいと怖じ気づき「できへんかも…」と腰が引けていましたが、私たちが空手のことわからんように、向こうもわからんって!と言ったら、ちょっと元気が出た模様。

出番前になると、ドキドキする!とわめいていましたが、舞台に出たらいつも通りの強心臓。
終了後に感想を聞いたら「舞台に出てみたら、全然気にならへんかった」と笑っていました。
(私も一緒に舞台に出ていたので、実際の出演写真はありません)

(準備風景。後ろは能舞台。映画館みたいに客席はすり鉢状に上がっています)

私はちょっと所用があって他の演武は見られなかったのですが、ヒトミは「キラキラの剣(模擬刀と思われる)が出て来た!」と目を輝かせていました。
控え室でも他の方の刀がとっても気になる様子。
触ろうとするので戒めましたが、触りたかったら習いに行けと言うと、それは…とモジモジ。
侍への道は遠いのでありました。

桜島は立派な活火山。この日も灰がよく散っていて、噴火しとるな〜と実感。
時間があったら、ゆっくり観光したかったんですが、今回のメインは演武会。
そして台風も近づいていたので、ささっと退却せざるを得ませんでした。

でも鹿児島はとってもいいところでした。街はきれいだし、史跡はいっぱいあるし。
今度は純粋に観光で行ってみたいです。

名物、しろくまを食す(甘いもの苦手なヒトミはフルーツのみ、氷は私が)。

演武会で一緒になった向こうの少年と仲良くなって遊んだ。
ヒトミさんの人生初カラオケも行った。
先の少年と共に『ポケモン言えるかな』を歌って、大人たちに「何語?」と聞かれながらもおおいに盛り上げました。

「カラオケも演武会も、教室で発表するのと似てるな」とヒトミ談。
そうかね、演武会はもうちょっと緊張してもいいんですけどね。
結局ヒトミさんは、数名と話すより、大きな舞台に出る方が緊張しない、という私によく似た性格傾向ってことがわかりました(笑)

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| 合気柔術 | comments(0) | pookmark |
合気柔術@住吉大社
我が家は、はからずも「合気柔術家族」です。

私は高校出てから、何か武道したくて、カルチャーセンターへ。
旦那は、友達に強制連行(笑)されて、別の練習場へ。
姫は、「強くなりたい」らしいので、私が習っている教室の子供教室へ(先生の助手:私)。
でも一切家では、やりません。ていうか話題にものぼりません。
公私混同するな(笑)って感じです。

アキラはどうかな。やるって言うかな。
アキラがちゃんとやりたいと思ったら、私は密かに
「のんびりさん向け合気柔術教室」やりたいなーと思ってるんですけど。
子供教室助手経験を積んでるのは、そのためだったり(笑)。

本題。
5/3に、住吉大社にて、年に一度の演武会(という発表会みたいなの)があったので
家族で行って参りました。

隣の区に住んでいながら、住吉大社に入るのは初めて(公園は仕事で行った事あるんだけど)。

大きな太鼓橋を渡るのが、メインイベント(?)なのに、ヒトミは「怖い〜」って。
アキラはスイスイと登って降りる。
この辺、度胸があるというか、無謀というか。
太鼓橋、昼間撮影忘れて(子供追いかけるので忙しかった)夜の太鼓橋。
ライトアップもけっこうキレイでした。

演武会はこんな感じ。↑フィンランドからの来客が演武してる。

あんまり詳細書くと、怒られるので省略。いや怒られないかもですが。
古武術なので、口伝とかあって、お外の人に言ってはいけないこととか、いろいろあるのです。
そのどこまでOKで、どこまでダメかが、ヒラの私にはわかりかねるので(笑)

で、演武会は住吉大社の武道場ってところで行われたのですが、近くを散策。
卯木園があったので、季節もぴったりで、満開。チョウチョもたくさん、ハチもブンブン。ヒトミが「怖い〜」エンエン。
何が怖いっちゅーの。

そして重要文化財の石舞台。子供は池の鴨に釘付け。

「五」「大」「力」という文字が書いてある石を探し出すと、五つの力(体力・智力・福力・財力・寿力)がゲットできるというのもやりました(無料)
なかなか楽しいぞ、住吉大社。
うさぎおみくじもやって、「大吉」ゲットのヒトミ。
このお嬢さんは、何かと強運。

そんなこんなで、夕方は海外客も一緒に、住吉大社の結婚披露宴会場でお食事。
アキラは爆睡して迷惑をかけず、ヒトミはビュッフェの皿を私に運んできてくれて、お手伝いしてくれ、どちらも超良い子でした。

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| 合気柔術 | comments(2) | pookmark |
武士道
またまた旦那の本棚から拝借してきた、新渡戸さん(知り合いか!)の武士道(和訳)を読んでいるんですが、難しすぎて目が本の表面を滑ります(笑)

これを英語で書いたってのがすごいなー。どう表現したのか、英語版も見てみたいですが、もっと理解できなくて、目が滑走するに違いありません。

最近…いや昔から、武術ってのが好きなんです。
たぶん、これは父の影響。
空手をやってて、剣道やってた父に、何もわからん幼き日々に仕込まれたからです。
模擬刀もあった気がするなー。居合もやってたんかもしれません。
(その一方で、アコーディオンもバイオリンもやってた…
 今から思えば、何者やねんという父ですな)

私はごく一部の方はご存知のように、けっこう「負けず嫌い」です。
父ができることは、全部できてやると、まるで息子のように父に敵対心を抱き、日々暮らしていたわけです。
おかげで、いろんなことマスターしました(無駄なことも山ほど)。。。


とはいえ、子供時代は特に武道を習うことも無く、自分が侍好きってのにも気づかず。
高校を出てから何か武道やりたいなーとおぼろに思って、「老若男女できます」という誘い文句につられて始めた合気柔術。
かれこれ1○年。出産育児ブランクあるので、単に長いだけですが。。。

最近、またすごく楽しくなって涎が出そうです。
前はよくさぼってたんですが、ちょっとマジメに通ってます。
いつもは使わない体の部分や、いつもは使わない脳みその部分を使うので、リフレッシュできてんのかなぁ。

今やってるのは、最初にやる基本の30+次の段階の30で、合計60の技を習った後の30の技なので、90個知ることになるわけです。(30個ずつで1単位)
で、新しいのを習ってる間は、直前に習った30個、忘れちゃったりします。
もう、私なんて、最初の基本の30個だって忘れます。
忘れるのは人間の能力ですもの(笑←本当はダメ)。

そんでも、一巡して、また基本に戻ったら、ひらめき/きらめきがあったりするわけで。
中学生の時に読んだ面白くなかった本が、大人になって面白くなるみたいな(違う?)。
気のせいかもしれませんが、人間がちょっと大きくなった気がするよ。


子供教室の助手の方も、不真面目だった子がちゃんとやってくれたりすると、なんか嬉しくなるし。
何だか全員自分の子みたいに思えて来たよ。
今月末は、子供たちの昇級試験。がんばってね、みんな☆

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| 合気柔術 | comments(7) | pookmark |
最近のおけいこ日記
先日から、膝が痛くて、立ち上がったり座ったりする動きがぎくしゃくし始め…

とうとう軟骨がすり減る年になったのかと、ちょっと傷ついていたら。

昨日になって楽になり。
どうも、膝の上の筋肉痛ということが明らかに。
こんなとこ、筋肉あったん?(いや、あるやろ)という場所が筋肉痛。


あー、思い返してみれば、これが始まったのは週明けから。
つまり、日曜日の合気柔術の練習の後だなぁと。

合気柔術ってのは、合気道の古いバージョンと思ってください。
 いや、思ってくださいと言われても、合気道をそもそも知らんがな。(読者、心の声)

刀や棒や薙刀が主要武器の時代の、捕り術です。
不審者を取り押さえるのが、メインの武道で、戦いはありません。
不審者がこっちに来なければ、こっちから仕掛けることはありません。
受け身オンリーの世界です。
それで護身術だとよく言われます。
でも鉄砲にはかないません。投げ縄にもかないません。逃亡あるのみです。

私がこれを18で始めたきっかけは、強くなりたいではなく、海外に住むつもりだったので、大道芸で使おうと思ったのでした(笑)
なんか武道やっとけば、外国人になめられないぞと。

結局、海外は旅行以外行ってないわけですが、合気柔術をきっかけに海外の方と交流する機会はありました。これからもあるでしょうが、私はもう別に触れ合わんでもエエかと思ってます。向こうの言葉わからんし。

そんなこんなで、合気柔術をしなかった人生と、関わってきた人生がほぼ半々になったわけですが、最近では「教える」喜びに、いろいろ口出ししてきたわけです。
18年もやってりゃ、不真面目でも、何とかいろんなことが「わかってきたつもり」になるもんですから。

でも、先生が、なんだか教室の底上げを図っていらっしゃるようで、のらりくらりとしているブラックベルトたちに、もっと上を目指したまえと、まだ教えてなかった捕り方(技)とかを教えてくださるわけです。
それはそれで楽しく、日々、人間の体や心って不思議と思いながらお稽古してるわけです。
(スポーツや武道ってほとんどそうだと思いますが、体の作りや心理学が学べます)

そうやって今は新しい技を習ってるので、普段使ってないところをネジネジしてるんだなぁ。
膝の上って筋肉あったんやなぁ(当たり前)。
既にどの場面でこの筋肉が使われたのか、わからない…。

年齢による老化じゃなく、筋肉痛で良かった、良かった。

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| 合気柔術 | comments(2) | pookmark |

Profile

profile photo

Search

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Entry

Comment

Category

Link

Recommend

Recommend

ザガズー―じんせいってびっくりつづき
ザガズー―じんせいってびっくりつづき (JUGEMレビュー »)
クェンティン ブレイク,Quentin Blake,谷川 俊太郎
*我が家の愛読書です。
*子どもってこんなもの。

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode