Entry: main  << >>
学期末懇談でした。
七夕の星に願いを。
アキラの願い。
家で聞いたときも、同じお願いだったので、これはきっと本心。


ヒトミ嬢は何も面白くないというか、ベテランの男の先生の話はすごく面白いんですが、お互いに特に相談することがないというか(笑)
今年はヒトミ嬢の先生はとっても面白い先生で、彼女も気に入ってるようです。

ダウン症アキラ君の先生も、実はヒトミさんが3年生のときに担任してた男の先生。
当時はまだ初々しかった先生も、揉まれてこの二年でしっかりしてきた!
若い先生は、息子とまでいかなくても、なんだか育てるような気持ちになるわ〜。
たぶん、最初に赴任してきたときにアキラの担任やったら「えー!」って感じやったけど、今なら一緒に頑張れる。

今年の一番のネックは「社会」でした。
国語と算数は支援学級で受けてますが、理科と社会はみんなと同じクラス。
理科は先生がアキラ担当でついてくれてる上、観察や実験など、アキラも楽しめる要素がいっぱい。
かなりアキラもいけてるみたいですが、社会はどうしても座学中心。
一応、うちの学校は「実学」みたいなの重視してるらしく、積極的に外に出て実際に見てみよう!って方針で、社会見学を多めにやってるとはいえ、ほとんどは教室内。
しかもその時間は先生の手配がつかずに、アキラは教室にいるだけになりがちでした。

担任の先生も「何とかしたいけど、どうしたらいいかわからない」という感じで、私も単元に合わせてアキラが興味持つことがあれば用意してあげたいけど、さっぱりつながるものが見つかんない。
で、二人で考えてたんですが、なかなか一学期はいい解決方法がありませんでした。
教室にいるだけでもいいっていうし、クラス内でのアキラは居心地は悪くなさそうですが、何か接点ほしいなーと私も先生も思ってます。
とりあえず、先生と私の向いてる方向が一緒ってだけでも、何となく安心できますね。
解決してないんだけどね(笑)

二学期からは、サポートスタッフがもうちょい増えるらしくて、アキラの社会の時間に誰かついてくれるかもしれないみたいなんですが、下手に誰かつくより、私と方針一緒の先生にまだ悩んでほしかったり(笑)
でも来てみたら、すんごいいい人だったりするかもだし、楽しみでもあり。

みんな、社会の時間って何してるのかなぁ。
地図記号とかやってたから、地図記号カードとかどうやろうとか思ったんですが。
それなら交通標識の方がアキラは喜ぶんちゃうかと自問したり。
迷路が好きなので、地図帳迷路とかないんやろかと思ったり。
何か面白い社会の教材があれば、教えてください!

他の教科は、全部楽しそう。
来週、暗唱大会があるらしいんですが、アキラも何となく部分は覚えてるみたい。
プール参観では、かなり泳ごうと努力してたし、何より楽しそうでした。
潜りまくって、もがきまくってたから、泳げる日も遠くない(と勝手に思ってる)。

クラスでは掃除当番や係も頑張ってるようです。
掃除当番、アキラは班の分担なんて関係なく掃除しまくるので、クラスの子たちが「ここちゃうで!」と班のところに追いやるそうです。
ときどきクラスを見てたらわかるんですが、クラスの子たちが、まだまだ「アッキーは特別」って思ってなくて、面白い。
支援学級に行ってることも、特別小さいことも、何喋ってるかわからんことも理解してるのに、たまに普通に扱うから見てて楽しいです。
平等に扱われることの、良さも悪さも味わって、アキラはどんどん強くなってるような(笑)

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

| 育児 | comments(19) | pookmark |
Comment
>下手に誰かつくより、私と方針一緒の先生にまだ悩んでほしかったり(笑)
でも来てみたら、すんごいいい人だったりするかもだし、楽しみでもあり。

ええね!!
なんつーか…ええね!!
Posted by: ぶんぶん |at: 2014/07/11 8:08 PM
ぶんぶんさん>
わからんことは、前向きにね(笑)
ぶんぶんさんところでサポートの要求とか苦労してたの見てたから、うちのところ、要求もしてないのにつけてくれるんや〜と驚きました。私としてはどっちでもいいかな、と。
Posted by: sacico |at: 2014/07/11 10:05 PM
うちはね、別につけてほしいとは一言も言ってなくてね、学校が誰かいないことには交流させるのはできないって言うので、それならどうぞっていって、だけどヘルパーが足りなくてつけれなくて交流できない、みたいな(うちの子どんだけ暴れん坊なんだ)。
うちの学校は安全面に関して厳しいというか、ある意味親側に立っているようにみせて、それを理由(盾)に実はこどもを分けたい(規律!学力!やりやすさ!)てのがヒシヒシと伝わってきます。


いろいろ学校まわったけど、できているところの差はなんだろうって見ていくと、結局教員の「意識」なんだな〜って。
できてるとこはもう雰囲気から違うから先生もやりやすい。
あと「自立」というのは、何をもって自立なのかってところの違いにまだ適応できてないなと。
もうそこから違うのを変えようなんて思いたくなくてめんどくさいな〜って、どうやって逃げようかなって考えてるところですたすけて。
Posted by: ぶんぶん |at: 2014/07/12 10:12 AM
↑長い笑

こうやって書けるってことは、少しは自分の気持ちにまとまりができてきたのかな、なるほどねフムフム(失礼しました
Posted by: ぶんぶん |at: 2014/07/12 10:16 AM
ぶんぶんさん>
ふむふむ、なるほど。
「交流」ってのもなんか変な言葉だと思ってしまったり。
うちの子、交流するために学校行ってるんちゃうしとか思って(笑)
いろいろ学校まわってるのが偉いなー。
戦わずして相手を誤解させて煙に撒いて、操りたいね(笑)
Posted by: sacico |at: 2014/07/12 10:25 AM
煙に巻く?
Posted by: sacico |at: 2014/07/12 10:26 AM
懇談もう終わったんですね!早い。
うちは11日からなのでまだですが今年は先生に恵まれて連絡帳が無くても安心な日々を勝手に送ってます^^;
3年生の社会って、sangoの時は地域探検で商店街に行って質問してきたりしてそれをグループで発表してたな〜と思いますが そちらはどうですか?
それなら街の地図とか作って色塗りとか参加しても楽しいのでは?とか思ったり。うちの息子が今 色塗り好きだから思うだけかもですけど^^;アッキーならもっと字も絵も書けるので楽しくなりそう。
Posted by: akko |at: 2014/07/13 10:31 AM
akkoさん>
商店街、行ってましたよ〜。
でもうちのアキラは色塗りはしないんですよ。迷路はすんごく好きなんですけど。だから地域の目印建物などをシールにして貼ってたらしいです。
それで地図型迷路があればなどと妄想中。。。
Posted by: sacico |at: 2014/07/13 8:08 PM
さちこさん、携帯変わった?
何故かエラーで返ってきますのよ。
お伝えしたい事あるので
連絡下さいませ。

ほんで、うちは今日懇談です。
何だか相変わらずモヤモヤしてて
今日すっきりすればいいなぁー。
ちなみに、ぶんぶん殿とのやりとりで
「交流させるために学校行ってるんちゃうし」
ってくだり、ちょっとハッとしました。
私、「交流するため」メインに考えてしもてるので、だから余計にモヤモヤするんかも、と。

樋口家的に学校に行かせる意義を聞きたーい☆
Posted by: Maori |at: 2014/07/16 8:16 AM
うちも聞きたーい☆
Posted by: ぶんぶん |at: 2014/07/16 12:43 PM
Maoriちゃんってkaoriちゃん?
ちゃうかったらごめん、マオリ族の人からかと思って想像しちゃった。
&ぶんぶんどの>

「交流するために学校行ってるんちゃう」ってのは、学校で使う意味の「交流」ってなんか「させてやってる感」がない?言葉に。そんなわざわざ交わらなあかんもん?という疑問。
それが主目的という意味じゃなくて、学校はアキラが成長する上で必要やから行ってるんやんて意味。
普通の子もそうやけど、親からばっかり教わっててもあかんし、同級生や他年令の子とともまれるのも大事。
だからって障害のない子の場合、それを「交流」って呼ぶ?って話。だからその言葉は嫌い。
ただの「人間関係の作り方の練習」ちゃうの?
アキラがマイノリティなのは学校以外の他の環境でもそうやし、社会の中でも補助があったりなかったりするのが普通。安全面とかで要求を求めるのも、それは学校に限らずどこでもそうやし。
そういう普通のことしてくれたらええねんって思います。
敵があることもあれば、人が合わんこともあるよ。
別にアキラが小学校で友達ができんかってもええし、学校が苦痛やったら何かを変えたらいい。
幸い、本人の性格なのか、友達も多いし学校も楽しそう。
クラスの雰囲気も学校も恵まれてるので良かったなーって感じ。
と思ってるけど、どうかしらん? 答えになってる?
Posted by: sacico |at: 2014/07/16 1:56 PM
あ、学校に行かせる意味は、
(1)平日家にいないでいてくれるとありがたい
(2)学校で文字や算数教えてくれる(親がやると腹が立つ)
(3)マイノリティを利用して有名にさせる(行方不明のときに便利。実際、よく助かってる)
ぐらいかなー(笑)
Posted by: sacico |at: 2014/07/16 1:59 PM
うんうん、
うちのところ支援在籍の子が行く通常クラスのことを「交流学級」って呼ぶのね
なにその交流させてやる感はって思って、自分の時代は「親学級(支援学級を子学級)」って言ってたよな〜なんでそんな言い方なんかな〜嫌やな〜ってのをまず感じた、そんで一応伝えてみた、変わらないけどもハナホジ
(1)いいね、親子いい距離&いい関係って大切だよね
Posted by: ぶんぶん |at: 2014/07/16 4:47 PM
ぶんぶんさん>
そうだよね、名が体を表すというか、姿勢を表してる感じがする。
うちの学校でそんな言い方したことないもん。
親教室、子教室って感じさえもなくて、アキラがどこに在籍してるかの区別さえ表面的にはしてないよ。区別した名称がそもそもないのです。
だから支援学級は「クラスの中で勉強がしんどい子がいくところ、及び休み時間は遊びにいっていい学校の中の楽しいとこ」ぐらいのイメージ。
当たり前にアキラはクラスメートで、だからこそ班の分担しないと怒られちゃう(笑)
Posted by: sacico |at: 2014/07/16 9:44 PM
なにその学校!!
インクルーシブルって言葉は?特に飛び交ってないにしても教員が意識してやってる感じ?
それともそういうのさえなく自然にってこと?
いや〜どっちにしてもすごいよ〜ステキだよ〜なんなんだよ〜まったくよ〜
大阪もいろいろあるだろうけど(たぶん)、土地柄ってのもあるのかな〜とちょっと感じました、どうなんでしょうねってそれがわかったからってなんだって話ですが(歪)
Posted by: ぶんぶん |at: 2014/07/16 11:35 PM
ぶんぶんさん>
インクルーシブも聞いたことない(笑)
自然っぽい。
だって「なかよし(支援学級)行ってきまーす♪」「いってらっしゃーい」で、アキラが休み時間に帰ってきたら「おかえり〜」てのが恒例になってるから。
「どっか行ってるな感」はあると思うけど、風邪引いたから病院行きますて感じに近いかなー。
友達とかとも話してても、うちの近所の学校はどこもそうっぽいけどねぇ。
確かにそれがわかってぶんぶんさんとこが改善されるかってぇと別なんだけど。
Posted by: sacico |at: 2014/07/17 5:40 AM
(何度も御免)
それ(いってらっしゃい&おかえり)お願いしたら
「別れるときにはバイバイって言ってます、それではダメですか?(半キレ)」
って言われました。
Posted by: ぶんぶん |at: 2014/07/17 8:23 AM
マオリ族のkaoriです(笑

ふむふむ、そゆーことね。
意味が分かった。
うちも「交流級」とは言わないなぁ。
先生と話する時も支援学級を「ひまわり」、
2-1組を「クラス」って感じ。

「原学級」って呼ぶ地域もありますよね。
(親学級・子学級と同じ意味合い。)
確かに、あえてわざわざ「交流学級」って呼ぶ意味は
分からんですね。はい。

まぁでも大阪ではそういう感じで呼び名に関しては
インクルーシブかも知れんけど、「いってきまーす、
おかえり〜」って雰囲気はやっぱしアッキーが
愛されキャラだからじゃないかなー。

うちはどっちかというと、クラスの子とそんなに元々
関わったり遊んだりしないから、気づけばいなくて
気づけば帰ってる、みたいな感じみたい(笑
昨日の懇談の話から推測すると。

親としては、やっぱしせっかくクラスにいる時間
長いんだから、クラスの子と関わってくれたら…って
思ってしまうんやけど、休憩時間はほぼほぼ支援級に
行って過ごしてるみたい。
まぁ本人がそうしたいなら仕方ないかぁ、と思うけど
やっぱしクラスの子との関わりが少ない分、
「いてもいなくても特に気づかない」存在って
感じじゃないかな?
というか、誰も気にも留めてないというか…
…って、これがインクルーシブなのかい?(笑

長々とすんません。
まぁ結局は本人の性格次第・友達関係次第なのだなー
と思う次第であります。


Posted by: kaori |at: 2014/07/17 10:48 AM
ぶんぶんさん、kaoriちゃん>
そっかー。半キレは嫌やな〜
そんなこと、お願いせなあかんのも嫌やしねぇ。

で、kaoriちゃん、(オフレコですが)うちは去年の担任の先生の力も大きいと思う。1年生のときはわりとみんなスルーやったから。
2年生の先生が、そういうルール作ってくれて、3年生の先生も踏襲してくれたから、うまくいってる感じ。
改革がなかったら、たぶんkaoriちゃんとこと一緒やったんちゃうかな〜。
そうやって新しい改革が入る場合もあります。
それが低年齢だとすんごく効果的!と感じました☆
本人の性格もあるかもですが、大人の誘導もまだ大きい時期です、小学生って。
熱い先生、来るといいねぇ。
Posted by: sacico |at: 2014/07/17 9:28 PM








Profile

profile photo

Search

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Entry

Comment

Category

Link

Recommend

Recommend

ザガズー―じんせいってびっくりつづき
ザガズー―じんせいってびっくりつづき (JUGEMレビュー »)
クェンティン ブレイク,Quentin Blake,谷川 俊太郎
*我が家の愛読書です。
*子どもってこんなもの。

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode