Entry: main  << >>
アッキー新聞とベランダ日曜大工設定

書くのはひらがなばっかりですが、漢字は漢字カードで練習しているので、けっこう読めます。
やっぱり漢字って形なんですね〜。

ようやく足し算、引き算をやっているのですが、
以前行っていた「安曇野式」の算数教室でやったみたいに、人類の進化通りにゆっくりと算数をやっています。
ダウン症のお子さんでも、できる子は一年生でできちゃうそうですが、ウチの子は体力自慢の頭脳はお留守タイプ。
なので、じっくりじっくり取り組んでいます。
最初は「足す1」「引く1」を数字表の行く、戻るでやってたんですが、
どう考えても理屈がわかってなさそう。
で、「足す2」をやると「二つ進む」ができないのです。

で、ちょっと難しいけど「足すとは」「引くとは」という概念を理解してほしくて、私が繰り返しスパルタ指導。
アキラはわかんなくて泣く(笑←笑ったらいかんがSの母は笑ってしまう)
ある程度のところで「明日にしよか」と引くのも大事(笑)
でも諦めないのも大事。

学校の宿題は繰り返しすぎて、「2−2=」という式を見ると、同じ数字が並んでたら「0」と思い込んでて、「2+2=」も「0」と書いてたのです。
式を覚えてるだけやーん。
組み合わせを覚えると言う意味では、これも大事なんだそうですが、「足す」「引く」がわかってこその組み合わせ!
というわけで、今は根気よく「足す」と「引く」をいろんな数字で(数字の制限なしに)やってます。

最近はやっと「足す」が加えるという意味、「引く」が減る(食べてなくなる)という意味だと理解してきて、数の数え間違い以外はちゃんとできるようになってきました☆

算数とかって、普通の子のやり方とは違って、いろんな方向から責めた方が理解が早まる気がします。
特に概念を教えるのって、たーくさんの例を知った方がわかるのだと思います。

あと、今年から自力音読を続けているのですが(これも賢い子は一年生からやってますが)、
まだ発音は不明瞭な時がありますが、毎日続けてきたせいで、単音→単語になってきました!パチパチ。
まだ一年生のひらがなばっかりの音読ですが、ゆっくりでも着実に読める喜びを感じてもらいたい!


(手袋をして辞書をベランダで読むアキラ氏)

アキラは姉さんと違って、勉強が比較的好きです。
一人で本を読んでたりするし、きっとダウン症候群じゃなかったら、天才だったに違いない!(←親ばか)

あと、体力は体の使い方がよくわかってないことを除くと、すごく丈夫。
遠足も走りまくりで、全然援助いらないそうです。
一学期は皆勤!(というか、去年も一昨年も皆勤)
プールも泳ぎまくりだそうです。

ということで、二学期も元気に学校に通ってほしいと思います。

(気づいたらベランダで日曜大工してました。設計図見ながら、辞書で何か調べながら…という設定らしい)

===========================================

ボチボチブログ

■bochi bochiの会 いろいろ楽しいことやります■

bochi bochiの会■ ダウン症のお友達もそうでない子も☆

bochi bochiの会Facebook■ 最新情報はこちらからも!

===========================================

|  アキラ | comments(2) | pookmark |
Comment
「きゅうきゅうしゃにのった」と書いてあって、ぎょえ!!?ケガ!?と思った。
そうか、見学ね。本当に乗ったんじゃないんだ。
Posted by: 岡林和子 |at: 2015/07/15 8:40 PM
君は風の船さん>
はい、体験です。
パトカーはほんまに迷子で乗りましたけど(笑)
あと、今年は水上警備艇(海のパトカー)にも乗りました!
(もちろん体験で)
Posted by: sacico |at: 2015/08/07 10:07 PM








Profile

profile photo

Search

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Entry

Comment

Category

Link

Recommend

Recommend

ザガズー―じんせいってびっくりつづき
ザガズー―じんせいってびっくりつづき (JUGEMレビュー »)
クェンティン ブレイク,Quentin Blake,谷川 俊太郎
*我が家の愛読書です。
*子どもってこんなもの。

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode