我が家にはダウン症候群の中学3年生の長男アッキーさんがいます。

で、私は彼によって新しい世界を開いてもらったもんで、これはチャンスってことで、福祉の世界(の一部)をのぞいて、面白いと同時にまだ問題もいろいろあるんだなぁと思っておりました。

 

で、障害児(者)福祉って、これからもっと良くなっていく可能性があるんじゃない?と

大学に行ってみよかなーと思ったとき、こりゃ福祉やらんとなと思ったんです。

 

でも私の好奇心は支離滅裂にあるもので、福祉だけじゃなくていろいろ勉強したいなと思ってました。

それでも、もちろん主な専攻としては「福祉」と堂々宣言して入学申告書にも書きました。

胸を張って。

 

しかしいざ履修登録してみようと思って、これと、あれと…とチェックしてたら

あれ、私は「教育」分野ばかり選択してないか?

あんなに堂々と「福祉」って書いたのに。

 

うーむ。

 

大学側はそんなことどうでもいいので、問題ありませんが、自分自身のことって意外とわからんなというのが今回の学びです(笑)

私はてっきり福祉を学びたくて編入したと思ったのに、教育だったとは。

もちろん福祉領域のものも含まれてるから間違いとは言えないけど。

 

私にとって福祉ってのは「障害児者」対象しか頭になかったんですが、ほんとはもっと広い(当たり前)。

高齢者介護の問題とか、貧困とか、虐待とか。

 

教育っていうと、学校で教える先生になるってのがメインです。

そして私は先生を目指してない。

 

というか、障害のある子どもたちの生活って、福祉と教育の混じり合ったところにあるよね。

私は基本的には、障害のある子どもたちの生活クオリティを上げたいって気持ちがあるので、間違ってないはず。

 

最初に思いこんでたことと、自分がやってることが違う。

まぁ、そういうこともあります。

 

ひとまず、私は福祉と教育のあいだで、うろうろしながら、ダウン症の子どもたちの(ことしか知らないので)生活クオリティをあげる何かを見つけたいと思います。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Recommend

Recommend

ザガズー―じんせいってびっくりつづき
ザガズー―じんせいってびっくりつづき (JUGEMレビュー »)
クェンティン ブレイク,Quentin Blake,谷川 俊太郎
*我が家の愛読書です。
*子どもってこんなもの。

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM