JUGEMテーマ:障害児

 

  

 

●語彙を増やす

 

最近、いろいろ話せるようになってきたけど、意外とものの名前とか正確には知らないんだなってことが判明してきたので、使ってるのがこのワークブック。

 

モノそのものと、名前は知っているけども、何のためのものか、何に使うものかはわかってないことがあります。

反対に、モノと使いみちは知ってるけど、名前を知らないものもある。

 

うちの子は男子の多くと同じで、幼少期に車が大好きで、パトカーも救急車も消防車も覚えていたのに、それがどの状況で活躍するのかは、あんまり把握してなかったみたい。

 

身近なものって、わかってると思い込んでることがあるので、こうやって確かめてみたら、意外なものを知らなかったり、反対に知ってたりして面白いです。

 

反対言葉もたくさん載ってて、こういう練習したらいいんやなと参考になります。

うちの子は、長い←→短いがわからなかったのに、東←→西、南←→北はわかってました。

これは学校でやったから、らしい。(本人談)

 

きっと、長い←→短いは、小学生の頃にやったんだろうけども、当時は長さという概念がわかんなかったんだろう。

そして南北とかは、記憶で知ってるだけで、今も方角ってのは理解できてないだろうと思われる。

そんな我が子分析しながら、クイズみたいに楽しめます。

 

そしてわからなかった場合には、ネットで画像検索して見せてあげると、本人もわかりやすいです。

 

 

●語彙とは

 

語彙とは、単語の総体(総数)と言われているらしいんですが、子どもの語彙(大人もですけど)ってあやふやなとこがありますよね。聞きかじった言葉を使ってみたりして。

 

特に知的障害のあるお子さんでは、言語の知的年齢と、生活体験の年齢が合わないことが多くて、体験をいっぱいしてるから知ってるだろうと思ってたら、そうでもなかったってことがあります。

 

毎日お風呂を使ってるけど、湯船とか洗面器という言葉は知らなかったとかね。

なんとなーく使ってるものって、正確には教えてなかったということもあります。

身の回りのものって、そういうのが意外と多いかもしれません。

 

そういうのを一度、改めてチェックするのもいいなと思いました。

うちの子は、調理のときの「ボウル」はわかりましたが、「ザル」は実物を知ってる(そうめんの時に使う!と自慢気に言った)けど名称はわかってませんでした。

 

 

●正答率は85%

 

これはどんな場合にも言えることなんですが、正答率がその子にとって85%ぐらいが一番燃えるそうです。

だから85点取れるぐらいの問題を出してあげると、楽しんでやってくれます。

うちの子も、「正解!」って言ってもらうととても嬉しそうで、けっこう長い時間付き合ってくれました。

 

これ常に100点取れると面白くないそうです。でも毎回60点でもつまらない。

ちょっと簡単すぎるんじゃない?ってぐらいが、勉強に燃えてくれる。

これも療育や学習に使えるポイントです♪

■Que sera sera
放デイのameblo読みたくて登録したので、自分でもこっちで書いてみることにした。最近のアッキーネタはこちら。

Comment





   

■profile

profilephoto

Search

■latest entry

Recommend

Recommend

ザガズー―じんせいってびっくりつづき
ザガズー―じんせいってびっくりつづき (JUGEMレビュー »)
クェンティン ブレイク,Quentin Blake,谷川 俊太郎
*我が家の愛読書です。
*子どもってこんなもの。

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM