今日も寒の戻りで寒いけど、二人の子供を連れて図書館へ行って来ました。

朝方からの雨も上がり、お日様が出てきて、ベランダのガラス越しに見る外の世界は、とても暖かそうな気がした。実際に外に出たら寒かったんだけど。その上、バス停に向かって商店街を抜けたら、向こうの空が重そうな灰色になっていた。天気は西から東に流れるから…あの雲はこっちに来ないだろう、と勝手に思っていたのもつかの間、どんどん空は曇りだし、バス停に着いた途端に雨が降ってきた。

出がけに、雨装束の好きな娘に「傘も持っていく?」と聞かれて「今日はいらないよ」と言ったのに。かろうじて彼女に長靴を許したのが幸いした。
バスを待つ間、2才の子に「傘、忘れちゃったの?」と暗に責められる始末。ごめんね、今度は忘れないようにするねと平謝りのバス停でした。
でも、ここまで来たら引き返さない。バスを降りたら図書館は目の前だし、どうせ雨もすぐ上がるだろうとバスに乗った。

読み通り、図書館に着いたときにはかなり小降りになっていた。
区の図書館なので蔵書数が少ないため、私はあまり期待せずに「ダウン症」関連の本を探し(2冊だけあった)、ヒトミは大好きな「ミッフィー」の本を選んだ。

図書館を出ると雨は止んで、再びお日様が出ていた。
雨が続いていたら、歩行距離が最短になるバスで帰ろうと思っていたけど、お天気なので、ヒトミにお伺いを立てた。「バスで帰る? 電車で帰る?」
乗り物好きなヒトミは迷わず「電車!」と言うので、図書館から5分ぐらい歩いて地下鉄の駅へ。
駅近くの喫茶店で、ケーキとコーヒーの休憩をして帰宅。

地下鉄の最寄り駅からうちのマンションまでは大人の足で10分ぐらい歩くのだけど、ヒトミはちゃんと歩いて帰った。
ちょっと前までは、10メートルも歩いたら「疲れた〜」だの「おなか痛くなっちゃった」だのと泣いていたのに、立派になったもんだ。
うちは自家用車がないので、これからもしっかり歩いて立派に体力をつけていただきたい。

■Que sera sera
放デイのameblo読みたくて登録したので、自分でもこっちで書いてみることにした。最近のアッキーネタはこちら。


妊娠中はよく懸賞などに当たりやすいという。
ヒトミのときは、特に何もしなかったけど、アキラのときは、宝くじを買ったり(当たらなかったが)、雑誌のプレゼントに応募したりした。
その結果、カメラ雑誌の「Photo Book」制作フリーチケットが当たった。
(他には着物雑誌で半幅帯が当たったが、妊娠中だから、というより、私の読んでる雑誌がマイナーなんじゃないかと、ふと思う)

で、夏に当たったチケットの期限はこの3月末。
ヒトミの成長記録でも良かったのだけど、どうせなら生まれてくる赤ちゃんの写真も入れてあげたくて、ぎりぎりまで権利を使わないでおいた。
しかし、出産を終えてみると、いろいろバタバタして、気づくともう残り三日。
急いで写真を集めてみると、なかなか使えるのがない。
アキラ主役でいこうと思ってたけど、写真がないので、急遽編集方針を変更し、ヒトミとアキラのダブル主役で配置した。

付け焼き刃に、二人の写真を朝から撮影したりして、あわただしい制作になったけど、なんとか作成完了。
あとは来週の到着を待つだけになりました。
どうなるのか不安でもあり、楽しみでもあり。

無料なんだから、気楽に作ればいいのに、力をめいっぱい入れないと損、と思ってしまうところが関西人だねぇ。

■Que sera sera
放デイのameblo読みたくて登録したので、自分でもこっちで書いてみることにした。最近のアッキーネタはこちら。


神戸からSちゃん(遅刻大魔王と呼ぶほうがいい?)が来てくれました。
というか、私が呼びつけました。
土曜日だというのに、旦那がゴルフに出かけ、元気な2歳児と、かわいい0歳児のお世話をして、外出もままならず、家でじっとしてると、ストレスが溜まるのだ!!とメールして、来てもらったの。

お土産に、彼女のお母さん手作りのイカナゴの釘煮を大量にいただき、神戸のおいしいスイーツもいただき、しかもグリーンも二つくれました。
私が入院しているあいだに、ベランダのグリーンはほぼ壊滅状態。春だからハーブでも植えたいのに、なかなか時間もない。そういう状況で、きれいな観葉植物と、小さいピンクのバラは、殺伐としていたベランダが生き返り、うれしいです。
水をやらなくても、たくましく芽を出し、花を咲かせ始めたムスカリと共に、春気分を味わわせてくれます。

私たちが話をしているので、ヒトミは退屈して甘えん坊になっていましたが、私は久々に子育て以外の話もできて、いい気分転換になりました。どうしても、お母さん友達同士だと、楽しいけど話題が限られるからね。

ありがとう、Sちゃん。
そして、お暇なら、他の方も我が家に来てくださいね。

■Que sera sera
放デイのameblo読みたくて登録したので、自分でもこっちで書いてみることにした。最近のアッキーネタはこちら。


生後一ヶ月の、うちの長男アキラさんは、染色体が人よりも一本多い『ダウン症』と診断されました。

検査結果が出るのに1ヶ月もかかるのですよ。
昨日はその結果を聞きに、厚生年金病院に行っていました。

私、ダウン症って何かの項目が「ダウン」してるって意味かと思っていたら、研究した人の名前でした。どうせなら「シュバイツァー」って人とかが研究してくれてたら、印象違うのにね。「ダウン」は印象が悪いよ、ちょっと。
21番目の染色体が普通は2本で、ダウン症の人は3本なので、『21トリソミー』とも言うそうです。こっちの方が格好いいでしょ?

で、彼は染色体が一本多いのです。
多いんだから、いいことじゃんと思うのですが、その多い一本も一生懸命働こうとして、本来の染色体さんたちの邪魔をしちゃったりするそうです。

生まれたときから心臓や消化器官に合併症のある子も多いらしく、アキラさんも、いろんな検査を受け、小さい手から血を抜かれたりしていました。
が、幸い先天性の合併症はありませんでした。
オッパイやミルクを飲む筋力も弱くて、なかなか大きくなれない子もいるので、体重測定も何度もしましたが、体重増加も合格でした。

何しろ、産院でも、5-6人いる新生児の中で「一番飲むで、彼は」と助産士さんたちに太鼓判を押されていました。
「(ダウン症の)疑いがあるって言われている子で、こんなに飲む子は見たことない」とも言われました。
とりあえず、生きることには貪欲な子のようですニコニコ

産院で「疑い」を告げられてから(私は言われる前に疑ってたけどね)、結果が出るまで、周りに黙っているのは、モヤモヤした感じでした。
これでスッキリしました。
アキラは「21トリソミー」ですが、元気に育っております。

■Que sera sera
放デイのameblo読みたくて登録したので、自分でもこっちで書いてみることにした。最近のアッキーネタはこちら。

今回のアキラの育児は、二回目ということで、全てがいい加減になっている。二年前はせっせと毎日つけていた育児日記も、ともすれば忘れそうになる。実際、書いてない日もちらほら…。

二年前にせっせとつけていたのは、始めての育児でもあったし、思ったように母乳が出なかったので、すんごい必死で悩んでいたのもある。今、見返したら、いやー思い詰めてるなぁって感じだけど。
今回は、妊娠中、特にマッサージなどの努力をしなかったにもかかわらず、産院入院中から、けっこうオッパイが出た。自宅に帰ってからも、アキラさんは飲んで寝る子なので、安心して日記が滞るようになってしまった。

2年前の日記を見返したら、最初のおでかけは、ちゃんと一ヶ月過ぎてからで、しかも近所の神社。ベビーカーでの外出も2ヶ月過ぎてから、近くの公園、と、ちゃんと教科書通りにやってる。エライ。

アキラはもうお姉ちゃんのヒトミの遊びにつきあわされて、公園デビューもしたし、リズム体操デビューもした。
まだ人混みの中には連れて行ってないけど、この調子でいくと、もうすぐっぽい。

とりあえず、ゴールデンウイークに白石島って予定は立っている。
そして夏には…パスポートを取るかも!である。

■Que sera sera
放デイのameblo読みたくて登録したので、自分でもこっちで書いてみることにした。最近のアッキーネタはこちら。

旦那を除く、家族みんなで週末は鼻風邪ひいていました。
土曜日には母子三人で耳鼻科病院を受診し、一ヶ月のアキラさんも鼻掃除してもらいました。

アキラは鼻水は出てないんだけど、寝ているときなどに、ずっとフガフガ言ってるので、
横で寝ている私は気になって眠れないのです。
でも、特に悪いところはなく、鼻の穴もまだ小さいので、ちょっとしたゴミやかさぶたで、鼻はつまるのだそうです。
加湿と生理食塩水でおしめりを与えるだけで、まだ小さすぎて薬はあげられません、と先生に言われました。

でも、昨日もフガフガ。私は気になって寝不足です。
以前は旦那のいびきが止まって、無呼吸症候群か!?と息を確かめたものだけど、今はこっちのちっこいのの方が大事。
暖かくなると、フガフガも収まるのかしら?

■Que sera sera
放デイのameblo読みたくて登録したので、自分でもこっちで書いてみることにした。最近のアッキーネタはこちら。

今日のヒトミは、朝からご機嫌斜め。
寝起きが悪い日は、泣きながら起きてきて、朝のおしっこも、朝ご飯もイヤイヤ〜てれちゃう

私は二人の育児をするにあたり、心に決めたことがあって、それは「怒らないこと」。
必要以上に怒ると、こっちのエネルギーが吸い取られて、もうぐったりして、家事も何もかも放り出してしまいたくなるので、赤ん坊の世話だけは放り出せないから、自分でエネルギー制御しなくっちゃ。

部屋がヒトミのおもちゃだらけだけど、もう怒らない。
朝ご飯を食べなくても、怒らない。
おしっこをして、パンツが濡れたと、自分で脱げるのに甘えてきても怒らない。
…できるだけ、そのつもり。

ヒトミのご機嫌がちょっと収まってきたのは、起きてから約二時間後でした。
ようやくご飯を食べ始め、でも食べさせろと甘えだし、泣いています。
(そして同時に赤ん坊が泣き出しました→赤ん坊優先たらーっ

お天気も悪いし、今日の公園でのお遊びは中止かな。

■Que sera sera
放デイのameblo読みたくて登録したので、自分でもこっちで書いてみることにした。最近のアッキーネタはこちら。

今日は自分のマンションの集会所で「親子体操」があったので、生後1ヶ月のアキラも連れて行ってきました。
前から参加はしていたけど、出産前後はお休みしていたので、ヒトミがとっても場所見知りして泣きました。さすがに5分もすれば慣れて、元気に走り回っていたけど。

約一時間半の間、アキラは一度「おしっこー」と訴えて泣いた他は大人しく寝転がっていました。端っこに小さいお昼寝マットを敷いて寝かせていたので、「大人しいから、何かの講習用のお人形かと思ってたわ」とも言われてしまいました。モグモグ

明日は天気が良ければ、近所の公園で「支援センター」の遊び会があるので、それにもデビューしたいと思っています。おてんき

■Que sera sera
放デイのameblo読みたくて登録したので、自分でもこっちで書いてみることにした。最近のアッキーネタはこちら。

blogで何ができるのか、何度説明を読んでも理解できないので、とりあえず始めてみることにしました。

昨日はアキラの1ヶ月検診でした。
春の陽気でお天気も良かったので、ついでに中山寺にお宮参り兼お礼参りにも行ってきました。
ヒトミ(2才)ははしゃいでいましたが、主人公のアキラは道中もお寺でも眠りっぱなし。撮った写真も眠ったまま。
そういえば、ヒトミの時も、家ではわんわん泣いている赤ん坊が、お宮参りではぐっすり眠っていたなぁ。彼女も写真は寝顔だけ。

家でうるさい赤ん坊も、外に出たら寝る…という仕組みを知らなかった2年前は、赤ん坊連れのおでかけに「いつ泣き出すか」と神経をすり減らしていたものだけど、今はもう気軽に出かけられる。二人目育児の楽しさだなぁ。

■Que sera sera
放デイのameblo読みたくて登録したので、自分でもこっちで書いてみることにした。最近のアッキーネタはこちら。


■profile

profilephoto

Search

■latest entry

Recommend

Recommend

ザガズー―じんせいってびっくりつづき
ザガズー―じんせいってびっくりつづき (JUGEMレビュー »)
クェンティン ブレイク,Quentin Blake,谷川 俊太郎
*我が家の愛読書です。
*子どもってこんなもの。

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM